ドメインの作成(Linuxサーバ)

Pleskで管理されているサーバにおいて、サイトを公開したり、メール機能を使用するためには、ドメインを作成する必要があります。 ドメインを作成する手順は、以下のようになります。

  1. Pleskに管理者、またはクライアント権限でログインします。

  2. 左側のメニューから「ドメイン」を選択し、「ドメイン追加」アイコンをクリックし、「次へ」進みます。

  3. 登録したドメイン名と同じものを指定します。 www.your-domain.com のような一般的な URL でユーザが Web サイトのアクセスできるよう許可するには、[www]チェックボックスは選択したままにします。

  4. [メール]および[DNS]チェックボックスを選択します。

  5. [Web サイトホスティング]オプションを選択します。 この操作が完了すると、コントロールパネルがこのマシンの新しいドメイン名となるドメイン名サーバを設定し、新しい Web サイトをサーブする Web サーバを準備します。 適切なリソースレコードを持つ新しいゾーンファイルがドメイン名サーバの設定ファイルとして追加され、Web スペースが Web サーバのディレクトリ内に作成され、必要なユーザアカウントがサーバ上に作成されます。

  6. FTP 経由で Web サイトコンテンツをアップロードする際に使用するユーザ名とパスワードを入力し、「>>次へ」 をクリックします。

  7. ドメインの基本設定のための画面が開きます。

    SSL対応 : サーバにhttpsで接続できるようにするかどうかを指定します。接続をできるようにしたい場合には、チェックボックスにチェックを入れてください。

    SSL認証を受けないコンテンツと同じディレクトリに、SSL認証を受けるコンテンツを設置します : httpsでアクセスしたときに表示させるファイルなどを、httpでアクセスしたときに表示させるものと同じ場所に置くことができるかどうかを選択します。 同じにしたい場合には、チェックボックスにチェックを入れてください。httpsでは異なる場所にファイルを置いて、そちらにアクセスさせたい場合には、 チェックを外してください。

    FTPログイン : FTPで接続するときのユーザー名を指定します。

    新しいFTPパスワード・パスワードの確認 : FTPで接続するときに試用するパスワードを設定します。2つの欄に同じ文字列を入力してください。

    ハードディスククォータ : このドメインに割り当てる容量をMB単位で指定します。特に指定を行わない場合は、無制限の欄にチェックを入れます。

    システムアクセス(FTP ユーザ認証を用いたサーバへのシェルアクセス) : このドメイン以下の領域に、SSHによるシェルアクセスを許可するかどうかを選択します。特に利用目的がない場合には、 セキュリティ上、無効としておくことをお勧めします。

    Apache ASP対応 : Windows Serverで提供されるASPに類似した、Perlで実現されたASP機能を有効にするかどうかを選択します。 Windows Serverで提供されるASP機能とは異なりますので、ご注意ください。

    SSI対応 : SSI機能を使用するかどうかを選択します。

    PHP対応 : PHP機能を有効にするかどうかを選択します。Plesk 8以上を使用している場合には、PHPのセーフモードを有効にするかどうかを選択できます。

    CGI対応 : CGIを使用できるようにするかどうかを選択します。なお、通常はCGIは cgi-bin 以下でしか動作しません。他のコンテンツと同じ場所にCGIを 設置したい場合には、別途 .htaccess を設置する必要があります。

    modperl対応 : modperl拡張モジュールを有効にするかどうかを選択します。

    modpython対応 : modpython拡張モジュールを有効にするかどうかを選択します。

    Web統計 : Webalizerによる、ウェブサイトのアクセス解析を行うかどうかを選択します。また、アクセス解析を行う場合は、 解析結果の表示ページにパスワード制限をかけるかどうかも選択できます。「パスワード保護ディレクトリ’/plesk_stat/’経由でアクセス可能」に チェックを入れると、パスワード制限が行われます。

    カスタムエラードキュメント : アクセスしたページが存在しないときなどに表示されるエラーページを、独自のものに変更できるようにするかどうかを選択します。 独自のエラーページを使用したい場合は、チェックを入れます。

    すべての項目の設定が完了しましたら、「完了」ボタンを押してください。

    続けて、ドメインレベルのリソースの制限を設定されたい場合は、「次へ」。

   

8. リソースの制限の基本設定のための画面が開きます。

  そのドメインレベルでのリソースの利用超過が許可しない場合は、「利用超過が許可されていません 」にチェックをつけてくださいませ。

  許可する場合は、「利用超過が許可されています 」にチェックをつけてくださいませ。

  

  各種リソースの制限をおこなっていただけます。

  特に制限をかけいない場合は、「無制限」にチェックをつけてくださいませ。

  問題がない場合は、「完了」ボタンを押してください。

※ 有効期限を過ぎますとそのドメインは中断されてアクセスが行えなくなります。
  期限を設定する必要が無い場合には無期限にしてください。