SSL証明書のインストール(外部取得)

すでに外部のSSL証明書発行機関で取得済みの証明書は、以下の手順でインストールを行います。

  1. まず、Pleskでのドメイン設定画面まで進みます。

    共有サーバーの場合 : サーバーの設定画面にログインする に記載されている手順で、サーバーの管理画面まで進みます。

    ビジネスプロサーバーの場合 : サーバーの設定画面にログインする に記載されている手順で、サーバーの管理画面まで進み、ドメイン一覧からSSL証明書の設定を行いたいドメインを選択します。

    VPS、専用サーバーの場合 : Pleskにログインしまして、SSL証明書の設定を行いたいドメインを選択します。Pleskへのログインは 「Pleskログイン」の各ログイン方法をご確認ください。

    Pleskのドメイン設定画面では、以下のような画面が表示されます。

    この中から【証明書】という項目を選択します。

    さらにその後の画面で、【証明書を追加】という項目を選択します。

  2. 証明書のインストール 開かれた証明書管理ページで、以下のような証明書入力欄に証明書の情報を入力します。

    SSL証明書入力欄SSL証明書入力欄

    秘密鍵 : 証明書発行時に作成した秘密鍵の内容を入力します。秘密鍵の内容は、「BEGIN RSA PRIVATE KEY」の行から 「END RSA PRIVATE KEY」の行までで、これらの行自体を含みます。

    証明書 : 発行された証明書の内容を入力します。証明書の内容は、「BEGIN CERTIFICATE」の行から 「END CERTIFICATE」の行までで、これらの行自体を含みます。

    CA証明書 : 証明書にCA証明書が必要であればCA証明書の内容を入力します。CA証明書の内容は、「BEGIN CERTIFICATE」の行から 「END CERTIFICATE」の行までで、これらの行自体を含みます。

    入力が完了しましたら、「テキスト送信」を押します。正しく送信されますと、再び、証明書のメニューの始めの画面に戻ります。

    証明書名の部分をクリックすると、 画面下部の【秘密鍵】【証明書】【CA証明書】の欄に先ほど送信した証明書の内容が表示されるようになります。

以上で証明書のインストールは完了です。